旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

シロクマ家初のダブルバガー、投資ではなく投機だった件。

おはようございます。

緊急事態宣言が発令される中、日本株も米国株も想像以上に上げていますね。中でもオリックスはここ数日の上昇により、早くも利確したい衝動に駆られます。配当&優待も良いですが、目先の〇万円も魅力的・・

夫婦ともそんな考えですので、超長期投資先である投信&ETF(VTI等)以外に関してはある程度の含み益になったら利確する方針でやってきました。最近になって日本株も長期保有するつもりでいろいろと100株ずつ買いましたが、どれも少しずつ含み益が増えていくので逆に落ち着きません(笑)

〇オリックス 3名義+ネオモバ

〇ヤマダHD  4名義

〇丸井グループ 2名義+ネオモバ

ジュニアNISA口座で取得単価約1500円(計15万円)で購入したオリックスが現在2.5万円の含み益です。このまま3月まで保有すれば配当金をゲットできますが、それまでに1500円を割るようであれば、必ず「あの時売っておけば良かった!」と後悔してしまいます・・

こう考えて売ると大体その後はどんどん上昇し、売らないとどんどん下落する不思議。個別株はやっぱり難しいので、結局投信&ETFが安心してホールドできますね。

握力が弱くそんなことに悩むシロクマ家なので、評価益がダブルバガー(+100%)になった株は1つもありません。昨日の終値で確認したところ含み損益の上位はこんな感じです。

◎プラス

楽天VTI、VTI、slim米国株式(S&P500)、SPYG、AAPL

(+20~30%)

●マイナス

BABA、ZM、アマガサ、BTI

(-5~20%)

個別株はAAPL(アップル)も一部利確⇒買戻ししたものの、それでも+20%と健闘しています。ただ結局投信&ETFなら暴落があろうといつかは戻るというのがよくわかった1年でしたね。今後5年間上がらなくても、そのうち戻るだろうと楽観できますので、おとなしくこれらを買い増します。結局SPYDもなんだかんだでプラ転しましたし。

 

というわけで株式投資ではダブルバガーをそもそも目指していないので、なるとしたら時間をかけて楽天VTIやslim米国株式あたりが初になるかと思いますが、すでに初のダブルバガーを達成していました。

それは暗号資産ビットコインです、昨年から急上昇中でバブルにしか見えない投資(というか投機)対象ですね。今後は10万ドルを目指すなんていわれていますが、果たして価値があるものなのでしょうか・・旦那が楽天通常ポイントを使って、あくまで投機として購入しているビットコインですが、現在の評価額はこんな感じです。

利用ポイント⇒約33000ポイント

保有数⇒0.0215

評価額⇒85000円

もの凄い上昇ですね。一昨年1BTCが45万円くらいの時に、

45万円の宝くじ買うか~ 

と言っていましたが、背中を押しておけば良かったです。ポイント再投資先としては面白いですよね。ちなみに口座は楽天ウォレットというのを使っています。

ただ今後も上がる可能性が高いとしても、やはり現金を使って買うことはしないと思います。楽天経済圏にいればポイントがどんどん入ってきますので、ポイントの範囲内で「投機対象」と割り切って購入するとのことです。

これだけコロナで世界が大変なことになっているのに、株式市場は勢いが止まらず完全に楽観ムードです。こんな時こそリスク許容度を超えないよう、焦らずに現金比率をよく考えて市場に居続けたいですね。