旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

高配当株と不動産投資。

おはようございます。

最近個別株を少しずつ整理し、2021年からはETF中心のポートフォリオにしようかと考え中のシロクマ家。ただ相変わらず含み損を抱えている銘柄は保有中ですので、プラ転しない限りはホールドして配当金を貰い続けます。

高配当個別株投資といえば、配当を貰い続けながら万年割安株に再投資(ナンピン)し続けられるかという点が難しいところです。資産が1千万円未満の少額投資家には難し過ぎたということで投資方針を見直す中、最近旦那が「不動産投資」という単語をよく使うようになりまして・・。

高配当株投資の魅力

高配当株といえば、有名なのはタバコ株。米国株で毎月配当を得ようと思ったら、まず名前が上がるのがMOやPMですね。私もNISA口座で2年間ほど保有していましたが、先日ドルベースでプラ転したのでとうとうお別れしました↓↓

www.ozukun3130.com

 これにより年間配当金が数万円減ってしまいましたが、優良ETFに投資すればきっと1年間でそれ以上の含み益まで膨らむはず。現状でも年間12万円以上の配当金は貰える予定ですので、今後の投資は配当金重視ではなく資産の最大化に向けて銘柄を決めていきたいです。もちろんバーゲンが始まれば配当が魅力的な銘柄も買い付けます。

資産が1千万円あれば税引後でも年間36万円以上の配当金が貰えますので、毎月3万円以上収入が増えるようなものです。これが魅力的で配当金最大化に向けて投資をしてきましたが、我が家の場合運用資産は現在500万円程度。その内約30%はつみたてNISA&iDeCoなので、残りを全て高配当個別株に投資しても年間受取配当金はそこまで多くは貰えません。であれば投資信託&ETFをメインにゆっくりと確実にお金を増やしていこうと夫婦で話しています。(といいつつ、気がつけば高配当株をウォッチ。笑)

不動産投資の魅力

コロナ以前は、よく旦那がポイント目当てに不動産投資セミナーに参加していました。主にワンルームマンション投資のセミナーでしたが、どう考えても不動産投資なんて怪し過ぎます。第一印象ですが、株=ギャンブルであれば不動産投資=詐欺ですね(笑)「公務員 不動産 」と調べると、予測ワードでカモと出てきます。

旦那が桃鉄の如く「物件が欲しい!物件が・・」と言い始めたらどうしようかと思いましたが、セミナー後はいつも、

どうしてワンルームマンションに投資する人がいるんだろ??

というので、今のところは大丈夫そうです。よく職場にも営業マンから電話が来るそうですが、何度聞いてもメリットが理解できないとのこと。

私もFP3級で不動産についてはすこーし勉強しましたが、正直なところあまり理解できていません。というか不動産と相続のところは今のところ関係なさ過ぎて全く頭に入らず。

よく言われるメリットが、

①レバレッジが効く

②節税になる

③生命保険の代わりになる

④ローン返済後は年金代わりになる

といったところですが、正直この中でメリットは1つしかない気がします。

①⇒確かにメリットですね。(・・部屋が埋まれば)

②⇒我が家は十分節税できてます。

③⇒保険は最小限しか加入してません。

④⇒株の方が年金代わりになると思いますが。というか〇十年後に築40~50年の物件を持っていたところで、プラスになるんでしょうか・・出口戦略がよくわかりません。

www.ozukun3130.com

www.ozukun3130.com

旦那は公務員ですので、ローンを組む際の属性というのは高いようです。大体年収の10倍程度は借り入れが可能と聞きますが、居住用のマンション購入により実際には枠が少ないですね↓↓

www.ozukun3130.com

不動産投資を勉強している旦那が「年収700万円超えて、チビ吉(長男)が幼稚園入って、ママも仕事復帰したら本気で勉強するね!」と言っているので、それまでに私もしっかり勉強して、怪しい話が出てきたら止められるようにしないと・・(笑)

高配当株と不動産投資

不動産投資って出口戦略がイマイチよくわかりません。高配当株であれば倒産するまで配当金が貰えますが、不動産の場合入居者がいないと維持費がかかるだけです。「そこは工夫次第でどうにでもなる」と聞きますが、そんな面倒なことするなら連続増配が期待できる株を買った方が絶対に良いと思います。ただ途中で売却する前提であれば、確かにアリなのかもしれません。

というのも新築マンションを購入したものの、両親と二世帯住宅に住むことになり結局売却予定の友人がいます。新築価格ですので高値掴み、3年間住んで残債は少し減らせたので、仲介業者の「〇千万円ならいけます!!」という言葉を信じて値段を決定。「〇千万円で売れれば、3年間の家賃がタダみたいなもの」という計画でしたが一向に売れず。もちろん〇百万円値段を下げれば売れるはずですが、そうなるとリターンは大きくマイナスです。

新築だとこうなりますが、中古マンションであればある程度残債を減らしてプラスで売却できる可能性もあります。実際に旦那の同僚でもその作戦で中古マンションを渡り歩き、〇百万円のキャピタルを得ている事務員さんがいたようです。これはあくまで居住用マンションの話ですが、投資用であっても立地次第では投資としてアリなのかも。ただ(ワンルーム)マンションの場合、税金やら管理修繕費やらが痛いので、どこまで安く購入できるかが勝負ですね。

・・・そんなお買い得な物件なんて、見つけられるのでしょうか???

資産1千万円にも満たない少額投資家(投資愛好家?)には高配当株も不動産投資も難しそうなので、我が家は投資信託&ETFメインでまずは1千万円を目指します。

高配当株と不動産って何か似てますね。投資元本が回収できたらボーナスステージ突入・・アッパーマス層に到達できたら、手を出してみても面白いかもしれません。