旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

米国株が大きく下落★バーゲンセールで買うなら日本株?米国株?

おはようございます。

起きたらいきなり「米国株一時1000ドル以上下落!」なんてことになっています。ドル円もいつの間にか110円代に戻っていますので、バーゲンセールがやってきたと思い口座管理画面をチェック・・意外とまだ含み益がありました(笑)最近米国株を購入した人でも、多くの銘柄が上昇していたので狼狽売りするようなこともないでしょうね。でももし更に下げてバーゲンセールがやってきたら、皆さんなら日本株と米国株どちらを買いますか?

米国株の魅力①~連続増配銘柄~

なんと言っても株主還元が魅力的です。日本株で連続増配株と言ったら花王が有名で、増配年数は31年と素晴らしい記録を更新中です。でも米国株であれば50年以上増配している「配当王」と呼ばれている銘柄や、25年以上増配している「配当貴族」と呼ばれる銘柄がたくさんあります。日本株の比ではありません。ちなみに身近なところではこんな企業があります。

配当王

プロクター&ギャンブル(P&G)

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)

コカ・コーラ(KO)

配当貴族

マクドナルド(MCD)

ペプシコ(PEP)

生活必需品銘柄でもこんなにたくさんあります。マックやペプシコーラの会社も増配年数は40年を超えていますので、もうすぐ配当王の仲間入りですね。

またGAFAM(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフト)の中でもアップルやマイクロソフトは配当金を出していて、もちろん連続増配中ですので、十年後にはかなりの高配当銘柄になっているはずです。

米国株の魅力②~四半期配当~

配当金を出す会社への投資は資産最大化の上では、「課税されるためデメリット」とよく言われていますね。でも私自身投資を始めて約1年半、少額でも毎月いくらかの配当金を貰えるのは気持ち的にかなり嬉しいのでモチベも維持できています。無配の会社には投資したくありません。さすがにPFFのように毎月配当だと額も小さいので段々と気にしなくなりましたが、個別銘柄で1回数千円の配当金が貰えると「投資を知れて良かった~」と感じます。この配当金を連続増配銘柄に再投資することで、雪だるまを大きくする楽しさをもっと実感したいですね!

あと配当金が日本株と違って約1か月後に入金されるのも嬉しいです。日本株は約3か月後なので、未だにJTからの配当金は入ってきません・・同じタバコ株でもMO(アルトリア)やBTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)からは数千円ずつ貰えましたのでこれも米国株をおススメする理由の1つです。

米国株の魅力③~1株から購入可能~

日本株でも一応買える会社がありますが、手数料が高かったりとなかなか不便です。1株から購入しやすい会社はネオモバイル証券くらいでしょうか↓↓

www.ozukun3130.com

基本的には100株単位ですので、JTなんか20万円以上もするため購入するには勇気がいります。その点米国株は1株から購入可能で、手数料もここ数年でかなり安くなりました。特に私のように投資初心者の方は一回で10万円以上買い付けるなんてことはしづらいと思いますので、昨夜みたいな「暴落」と呼ばれる日に気になる銘柄を少額ずつ買っておけばきっと投資が楽しくなりますね。(含み損が増えたら気絶しましょう笑)

日本株の魅力①~株主優待~

・基本的に100株からしか購入できない

・増配銘柄もいきなり減配する

・配当金入金が遅い

・結局米国株次第の相場

このような点がデメリットに感じてしまうので、私は基本的に米国株推しです。ただし日本株でも魅力的な点があり、一番は株主優待制度ですね。これについては「優待はイイから配当金をよこせー」という声も大きいですし、私自身も正直そう思います。でもその会社の製品や割引券などの優待であれば、会社としてもリピーターが増えるし貰った方も嬉しいのでお互いにメリットが大きいと思います。「株主優待を送るコストが無駄」という意見もありますが、会社と株主の双方にメリットのある優待であれば日本らしくて良いことだと思いますので応援したいですね。(クオカード配るくらいなら配当金が欲しいです笑)

日本株の魅力②~バーゲンセール~

日本株の魅力のもう一つがこちらです。アメリカのダウが1000ドル下げれば、それ以上に日経平均は下げます(笑)威力が違いますね。世界のどこよりも下げるという、なんとも不思議な市場です。ただし明らかに売られ過ぎの銘柄がたくさん出てきますので、バーゲンセールの魅力は日本株の方が大きいかも知れません!

「定価より20%offの服」と「定価より50%offの服」なら、どちらが魅力的ですか??私は定価より〇〇%offという数字を見るとついつい気になってしまうので、いつも旦那から「洋服の定価なんてあてにならないぞー」と注意を受けます・・(´・ω・)

日本株も最近の相場が良すぎる気がするので本日どこまで下げるかわかりませんが、ウォッチしている銘柄が魅力的な株価になれば手を出すかもしれません。

終わりに・・

日本株は為替も気にする必要がないので、いざという時にすぐに動きやすいですね。専業主婦ですので、日中の株価もチェックしやすいですし。2月優待はもう上がり過ぎていると思いますが、3月優待の銘柄を中心に本日のセールで拾いたいところ。

このまま「コロナショック」により大暴落していく可能性ももちろんありますので、リスクを取り過ぎず、「休むも相場」を胸にのんびりと投資を続けます!!