旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

2020年5月末時点でのつみたてNISA&iDeCo運用状況報告☆

こんばんは。

毎月恒例の非課税枠の運用状況報告です。つみたてNISAもiDeCoも毎月一定額の積立を機械的に行っているので、ストレスフリーな運用ができています。個別株で一喜一憂するよりも、非課税枠+余剰資金で米国投信かVTIの積立だけしていればOKというのがよくわかる結果です。 

5月末時点でのつみたてNISA&iDeCo運用状況

現在の積立設定銘柄はこちら。

・つみたてNISA

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)毎月3.3万円

ちなみに今月から楽天ポイントが付与される上限(5万円)まで積立設定額を増やしました。特定口座でこれまでより1.6万円多く積立を行っていきます。ただ余力がないので、特定口座分は時期をみて利確することもありそうです。

・iDeCo

楽天VTI毎月1.2万円

まずはつみたてNISAから。

米国株オンリーです。変更予定はありません。

5月末時点での評価額はこちら↓↓ 

f:id:ozukun3130:20200531150225p:plain

ちなみに4月末時点はこちら↓↓

f:id:ozukun3130:20200501055131p:plain

 iDeCo 5月末時点はこちら↓↓ 

f:id:ozukun3130:20200531150313p:plain

4月末時点はこちら↓↓

f:id:ozukun3130:20200501055235p:plain

 

 4月末はマイナス3千円でしたが、5月末はプラス5万円以上でした。しかも久々にiDeCoもプラスで終わっています。「2番底が来る」と言われ続けていましたが、結局経済指標が悪化していようが米国株はどんどん上昇しましたね。この上昇は一時のバブルなのか、それともこのままダウは3万ドル⇒4万ドルを目指して上昇するのでしょうか・・

つみたてNISAは楽天証券一択!

設定以来順調に資産を増やせているつみたてNISA。基準価額は毎日変動しますが、ファンドの純資産も我が家の保有数も少しずつ確実に増えています。今は何も心配ありませんが、今後ファンドが繰上償還するリスクを考えると楽天VTIと分散投資をしたり、そもそも米国株オンリーではなく全世界株式という選択もアリですね。ただ現状つみたてNISA口座を開設するなら楽天証券一択です。楽天カード設定により5万円まではポイント1%還元が得られますので、現在の含み益(+4万円)よりも実際のリターンは大きいです。6月からは楽天カード積立で約5万円分、iDeCoで1.2万円の合計6.2万円の定期定額積立に変更となります。もちろん毎月の余剰資金は6.2万円もありません(笑)ので、少しずつ保有株を整理することになるかもしれません。下手に高配当株やSPYDに手を出すよりも、日本円で簡単にアクセスできる投信積立が素人には一番ですね。配当金も毎月1万円はゲットできるようになりましたので、これからは少しずつですが資産の最大化にシフトしていこうと考え中です。とはいえタバコ株とSPYDは今も絶賛セール中だと思いますので、投信積立をメインにもう少しナンピンし続けます。

SPYDはオワコンww

この声が大きい今こそ、投資のチャンスと信じて・・ 

www.ozukun3130.comwww.ozukun3130.com