旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。旦那の仕事についてもたまに・・

ふるさと納税の注意点☆自己負担額が2千円超えるとホントに損なの?

おはようございます。旦那が年末調整の準備を進めながら、ふるさと納税の限度額をチェックしていました。もうすぐ2019年も終わりますので、本日はふるさと納税について。

ふるさと納税って何?

正しくは寄附金控除です。泉佐野市がamazonギフトを返礼品にして話題になりましたね。とは言っても多くの方が、「何かオトクらしいけど、よくわからないからいいや・・」と言って活用していません。
もったいない(゜ロ゜)
仕組みは簡単で、税金を自分の住む自治体以外の好きな都市(ただし東京は除きます)に納めることで、本来払うべき税金が控除されます。自己負担2千円は必ず発生しますが、上限額以内であれば自己負担のみで納税先の都市から返礼品がもらえるという100%得する制度ですね。年収が高い方はもちろん納税額も多いので、返礼品も大量にゲットできます。

ふるさと納税の注意点

①税金払っていない人は✖
私のように専業主婦の場合、そもそも所得税や住民税を払っていないので、ふるさと納税してもただ寄附しただけで終わってしまいます。旦那にやってもらいましょう。共働きの方はかなりの額ができて羨ましいです。
②確定申告をしない場合、寄附先は5か所まで
ワンストップ特例制度というのがあり、5か所以内の寄附であれば各自治体にワンストップ特例申請書などを提出するだけで確定申告が不要になります。最近は寄附時に「申請書を希望する」欄が設けられているのでわかりやすいですね。確定申告であれば来年の2月からですが、ワンストップ特例の場合、申請書を各自治体に2020年1月10日(必着)で送付しておく必要があるので注意が必要です。
③上限額に注意
平均年収世帯の納税限度額の目安はこんな感じ↓↓

f:id:ozukun3130:20191116054533p:plain

年収500万円、子どもが小さい方の上限の目安が49000円となっていますが、これはその他の控除がない場合です。住宅ローン控除や医療費控除など、その他の控除がある方はそもそも税金が少ないので、ふるさと納税の限度額も下がります。それでも併用することは可能ですので、心配な方はこちらの記事も参考にして下さいね↓↓ 
我が家もいろいろと調べましたが結局どのサイトを見ても、「あくまで目安、自分でしっかり計算を!」と注意書きがあり、総務省のHPには「具体的な計算はお住いの市町村に相談して」とありますが、実際に質問してもたらい回しにされ、最終的に電話に出た方も理解していませんでしたー(笑)
その他細かな注意点がたくさんありますが、とにかく所得税&住民税の計算が自分でできるようになれば大体の額がわかるようになるので、確定申告にチャレンジすることをおススメしますよ(*^^)v寄附先の数も気にしなくていいので、返礼品もたくさんゲットできます。 

www.ozukun3130.com

④冷凍品(魚・肉)に注意!

我が家にある430ℓの冷蔵庫が悲鳴をあげています(笑)納税の時期をずらしましょう。「肉〇㎏」が冷凍庫に入らないと悲惨です。

自己負担の上限額2千円を超えると損??

総務省HPにこんな図がありました↓↓

f:id:ozukun3130:20191116061023p:plain

住宅ローン控除で所得税が全額還付されている方は、本来還付されるべきところからも控除されてしまう(一番右の2階部分)ため、その分が住民税から引けずに自己負担が増えてしまいますね。このような場合、ワンストップ特例制度を利用すればすべて住民税から控除となるのでこちらを利用するとお得です。
ただし我が家の場合、毎年確定申告をしているためワンストップ特例が使えません。今年も旦那の証券口座は実現損益がマイナスなので、損失の繰越控除のため確定申告にする予定です。住宅ローン控除で所得税が全額還付、更に住民税から上限の13.65万円を引いてもまだ住民税が残っているのでワンストップ特例を使うのが一番わかりやすいですが、そもそも「自己負担を2000円にしないと損」なんでしょうか。我が家では、自己負担増加分<返礼品の価値であれば、寄附の上限までOKでは・・と考えました。

シロクマ家のケースをご紹介

我が家の自己負担は毎年2000円を超えています(笑)ちなみに住宅ローン控除、医療費控除もあり、2018年からはiDeCoも併用しています。というわけで寄附金控除の枠は同じ年収の世帯に比べかなり少ないです。

2017年

・寄附額42000円

・寄附金控除約36000円

 ⇒自己負担約6000円

・計4か所に寄附、返礼品は・・米70kg

2018年

・寄附額50000円

・寄附金控除約43000円

 ⇒自己負担約7000円

・計5か所に寄附、返礼品は・・米76kg

 2019年

・寄附額45000円

・寄附金控除 ??? 円

 ⇒自己負担 ??? 円

・計4か所に寄附、返礼品は・・米25kg、干物(大量)

という感じです。2018年までは米代がかなり浮きましたが、最近の返礼品は寄附額の3割以内というルールのため量が減りました・・

ご覧の通り、寄附額のおよそ10%分自己負担が増えています。この10%分の上乗せで返礼品をゲットできるならお得!と思い、自己負担が2000円を超えても気にせずに寄附をしています。米10㎏が1000円で売っていたら、皆さんも買いませんか??

結局我が家の上限額は、自己負担が増えることは気にせずに「住民税所得割額の20%」と認識しています。下の③´ですね。

f:id:ozukun3130:20191116064916p:plain

ただし、自己負担が増えるとなぜか損した気持ちになりますので、どうしても2000円に収めたいという方は、ご自身でしっかりと計算して下さい(笑)

おまけ おススメのサイトはもちろん・・

年末になるとCMでもふるさと納税についてよく流れており、「さとふる」「ふるさとチョイス」などよく聞きます。我が家が利用しているのはもちろん・・

楽天市場です。楽天経済圏です。最近の下落により塩漬けになりそうです。10年後には増配してくれることを期待しています。

SPUという仕組みにより、旦那の名義で買えばすべてポイントが約10倍付与されます。5万円の納税をすれば、5000ポイントゲット・・というのはSPUだけの話。更に各種キャンペーンに応募(5や10の付く日に+2倍など)し、スーパーセールや買い回りの際に他の商品と一緒に購入(納税)してしまえば、ポイントが大量にゲットできます。ちなみに以前は大量にゲットした期間限定ポイントを利用して納税していたので、現金はほとんど使わずに寄附金控除ができましたね。(最近は期間限定ポイントは電気代やスマホ代、休日のマック代に消えてしまいます)

返礼品の数が少ないと言われている楽天ですが、米か魚か肉しか頼まない我が家にはそれがよくわかりません(笑)それよりも納税しているのにポイント還元され、買い回りの対象にもなるため、自己負担がなく実質プラスになる楽天経済圏から抜け出せそうにありません。

今年も残り1か月半、ワンストップ特例を使う方は〆切が近いと混雑しますので早めに納税して、ノーリスクで返礼品をゲットしちゃいましょうね(*^-^*)