旦那は教師~元DH(歯科衛生士)の専業主婦による資産運用ブログ

元DH(歯科衛生士)の専業主婦による、「資産運用」と「子育て」についての備忘録です。また教師の妻が日々感じている「学校」の不思議についても発信します。

教員給料がトレンド入り☆残業代なし4%ルールはどう変わる?

おはようございます。

Twitterを眺めていたら、「教員給料」がトレンド入りしていたのでクリック。旦那から話は聞いていましたが、教員のサービス残業がようやく問題になっているということがよくわかる裁判のお話です↓↓

教員の残業代支払いめぐる訴訟、原告の請求退ける さいたま地裁:朝日新聞デジタル

過去にもいろいろな記事で教師の日常をご紹介してきました。

www.ozukun3130.com

www.ozukun3130.com

パンダの記事では「夏休みは暇」と書きましたが、これは現在土日がほぼ休みの運動部を担当している旦那の話。当然朝から晩まで練習する部活や3年生の担任であればそんな暇な時間はないはず。以前から教師の魅力を発信するために作られた #教師のバトン で長時間労働に対する現場の声が多数届いて問題になっていました。今回の訴訟もそんな長時間労働に問題を提起した1人の先生の戦いなんですが、裁判長の発言が印象的でした。

教員の時間外労働に残業代が支払われないのは違法だとして、埼玉県の公立小学校教員の男性(62)が県に未払い賃金として約240万円を求めた訴訟で、さいたま地裁は1日、男性の請求を棄却した。石垣陽介裁判長は労働基準法上の法定労働時間(1日8時間、週40時間)の規制を超えた労働があったと認めたうえで、残業しなければ業務が終わらない状況が常態化しているとは必ずしも言えないなどとして、賃金や賠償金の支払いは認めなかった。原告は控訴する方針。

一方、石垣裁判長は判決の最後で、公立学校教員に残業代を支払わない代わりに、月給4%分を一律で支給するとした教職員給与特措法(給特法)に言及。夏休みのような長期休業があることなど教員の勤務の特殊性を踏まえた制度だが、給特法について「原告の勤務実態を見ると、多くの教育職員が学校長の職務命令などから一定の時間外勤務に従事せざるを得ない状況にあり、もはや教育現場の実情に適合していないのではないかとの思いを抱かざるを得ない」と指摘。「現場の教育職員の意見に真摯(しんし)に耳を傾け、勤務時間の管理システムの整備や給特法を含めた給与体系の見直しなどを早急に進め、教育現場の勤務環境の改善が図られることを切に望む」とも述べた。

朝日新聞より引用

裁判長が、「法律が現場の実情に適合していない」と発言をしたことが話題になっていますね。これは今後の展開に期待できるかもしれません。

最近でいえば「教員免許更新制度の見直し」「部活動指導に外部指導員を活用」といった話もどんどん進んでいます。すぐには変わらないと思いますが、コロナ禍で教師の働き方も改革が進み、以前から出ていた現場の不満が少しずつ解消されていくかもと期待してしまいますね。

そもそもですが、教員の勤務は大体8時半~17時です。ですが8時半に出勤する先生は一部の「働かないオジサン」だけで、多くの先生方が1時間目の授業準備とか家庭への連絡とかで朝早くから出勤しています。旦那も忙しい時は始発で出勤しているので、定時退勤しても2時間ほどの超過勤務です。

勤務後の17時以降だろうと近所から「お宅の生徒が騒いでいるからどうにかしろ!」と言われれば出動し、「仕事してるんで日中は無理です、3者面談は18時以降でお願いします!」「忙しいから、話があるなら夜20時以降にかけてくれ!」という保護者の方もいるわけですね。ちなみに17時以降になると窓口業務を終了しその後の外線電話は一切取らない事務職の方がたくさんいますが、事務職の方は教員と違って残業代が出るという不思議・・(ただそれでも給料は教育職>事務職らしいですが)

これまでは「夏休みがまとめて取れるんだから、残業代はいらないでしょ!?」ということでサービス残業が常態化していたわけですが、精神疾患で現場を離れる先生の数を見ればブラック企業と変わらない現場がそこにあることはわかるはずです。せっかく教師のバトンで現場の声がいろいろな方々に届いているので、今回の判決を機に法改正が進むと良いですね。

ちなみに旦那は、

◎手当が貰えるならどんどん働きます!

◎土日の部活動も喜んで!

◎早く副業を解禁して(笑)

(ウーバーやってみたい)

というタイプですが、当然「手当じゃなくて、欲しいのは心と体をリフレッシュする時間」という先生も多い(大多数がこちら?)わけなので、やっぱり部活動を先生が教えるというのも現場に合っていない気がします。海外と比較して日本の先生は何でも屋みたいになっているという指摘もたくさんあるので、部活動指導がなくなる日がいつかやってくるかもしれません。

旦那のように部活動を通して子どもたちと関わりたい先生に悲報なのが、手当が今年までは4時間以上で4000円貰えていたのに、来年からは3時間以上で3千円改悪されてしまいます。(しかも交通費込)これによりますます部活動が嫌になる先生が増えそうですね。

部活がなくなったら毎日絶対に定時退勤できちゃうわ~

それよりも働かないのに4%貰う人間を〇ビにしてくれ

職員室でポケモンGOをやりながら居眠りしている働かないオジサンを発見したシロクマ先生より、現場の声をお伝えしました。